防火対象物点検とは

防火対象物点検とは、消防設備点検より後に出来た比較的新しい法律です。

記憶に新しいと思いますが、平成13年9月に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災等を受け、消防法が改定された時に出来た点検制度です。

今までの消防設備点検とはことなり、ハードウェア(消防設備)の点検ではなく、火災が発生した時にどのように、誰が行動するかなど所謂ソフトウェア的な点検となっています。

防火対象物点検を行う建物も、全てのビルやマンションが該当するわけではありません。